不動産基礎知識

建売とは?建売メーカー営業マンがわかりやすく解説します

建売とは 不動産基礎知識
ドミニ子
ドミニ子
  • 建売に興味がある
  • 建売って何?
  • 建売について詳しく知りたい
ドミニ君(宅建士)
ドミニ君(宅建士)

このような疑問を解決します。

建売メーカー営業係長のドミニ君です。現場の経験を活かして建売について詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • 建売とは
  • 建売のメリットデメリット
  • 家を買う時の問題点
  • 家を買う時の問題を解決する方法

この記事を最後まで読めば、建売への不安が解消されて、お得に家を買う方法がわかります。是非最後までご覧下さい♪

建売とは土地と建物がセットで売ってお家のこと

建売説明

建売とは土地と建物がセットで売っている不動産のことです。分譲住宅とも呼ばれ、既に完成しているものを買うのが特徴です。(完成前にも販売しています)

注文住宅は建築主がお客様で、好みの家を建てるのに対し、建売はハウスメーカーが設計から仕様を決定します。

建売のメリットデメリット

メリット・デメリット

ここでは建売のメリット、デメリットを解説します。

建売のメリットは以下の通り。

  • 注文住宅に比べて安い
  • 入居までが早い
  • 決定する手間が少ない

建売のデメリットは以下の通り。

  • 仕様が必要最低限
  • 注文住宅で建てるべきという概念

それぞれ具体的に解説していきます。

建売のメリット1.注文住宅に比べて安い

建売の一番のメリットは、注文住宅に比べて安いということです。

注文住宅大手は建築費のみで3000万円ということがありますが、建売住宅は土地と建物込で2000万円の物件もあります。

建売が安いといっても、不良品というわけではありません。

あくまでも注文住宅で高仕様にした場合に高額な建築費となる、ということです。

建売のメリット2.入居までが早い

建売のメリットとして、入居までが早いことが挙げられます。

建物が完成しているので、契約から入居までに1カ月以内というケースも多いです。

建売のメリット3.決定する手間が少ない

建売の場合、間取りや仕様が決まっています。そのため色々悩む必要がありません。

忙しい人や、慎重になりすぎる人、なかなか決められない人は、建売がオススメです。

建売のデメリット1.仕様が必要最低限

建売のデメリットは、仕様が必要最低限ということです。

通常通り生活するのには問題ありませんが、シンプルな作りなので見栄えも余りしません。

こだわりが強い人には不向きです。

建売のデメリット2.注文住宅で建てるべきという概念

世の中には、お家は注文住宅で建てるべき。建売なんて安くて住めないわ。

このように思っている人が一定数います。

職場の環境など、周りにいる人の環境によっては、建売で家を買ったと言いづらいケースがあるので注意が必要です。

建家を買う時の問題点

家買う時の問題点

家を買う一番の問題点は金額です。ではなぜここまで金額が高くなるのでしょうか?その秘密を解説していきます。

金額が高い背景(裏側を暴露しちゃいます)

建売の金額が高い背景は以下の通り。

  • 利益幅
  • 業者に払うお金
  • ガソリンが上がれば全ての金額が上がる

金額が高い背景1.利益幅

当然のことながら、売買代金には利益が乗せられています。更に昨今では、海外の工場が稼働停止になってしまったり、全体的に資材や設備の価格が高騰したりしているため、余計に金額が高いように感じる人が多いです。

なかには、昔に比べて1,000万円も高くなっている物件も多いです。

金額が高い背景2.業者に払うお金

建物を建築するためには、色々な業者が関わります。上下水道などの設備屋さん。ガス屋さん。外壁屋さん。造成屋さん等様々です。

様々な業者や孫請け業者が介入することにより、建築費だけでも相当な値段が発生してしまいます。

最終的に建築費用も、消費者であるみなさんか払っていることになります。

金額が高い背景3.ガソリンが上がれば全ての金額が上がる

ガソリン代が上がるということは、全ての費用があがるといっても過言ではありません。

なぜなら建築現場には、色々な資材が搬入され、搬入にはガソリンを使った自動車を使わざるをえないからです。

つまり、ガソリン代が上がれば建築費用が上がり、物件価格も上がるということです。

家を買う時の問題解決(費用を安く抑えましょう)

問題解決

家を買うときに問題となる金額ですが、どのようにすれば費用を抑えられるのでしょうか?

ここでは誰でも簡単にできる費用の抑え方について解説します。

費用の抑え方は以下の通り。

  • 火災保険を安くする
  • ローンを安くする
  • 自分に合った物件の資料請求をする

それぞれ具体的に解説していきます。

簡単に火災保険を安くする方法

火災保険は基本的にどこを選んでも大丈夫です。

そして同じ保険内容でも、安い火災保険、高い火災保険があります。

火災保険の費用を抑えたいなら火災保険の一括見積もりサービスがオススメです。

最初の一手間で、大きな金額が得になる可能性があります。是非活用して下さい♪

\比較検討して正しい判断を!/

簡単にローンを安くする方法

住宅ローンはどこで組んでも大丈夫です。そしてあなたに合った金融機関を選ぶことが大切です。

とはいっても、どの金融機関を選べば良いかわからないですよね。住宅ローンを選ぶならモゲチェックがオススメです。

  • 住宅に合った住宅ローンを提案してくれる
  • 最安値の住宅ローンを提案してくれる

たった数分、一度の登録で、毎月の支出が安くなるなら、必ずやった方が良いですよね♪是非活用して下さい♪

\スキマ時間でサクッとできる/

簡単に自分に合った物件の資料請求をする方法

資料請求は忙しい人にもオススメです。理由は自分に合った情報が届くから。

たった一度の登録で、未公開物件の情報が定期的にもらえます。

万が一欲しい物件が見つからなくても、登録しておけば向こうから情報をくれるのでとっても便利です。

タウンライフ不動産売買で資料請求をして、自分に合った物件を未公開情報を含めて提案してもらいましょう♪

\たった一度の登録で定期的に情報が貰えます♪/

建売のまとめ

建売について解説してきました。

建売は土地と建物がセットで販売していお家のことです。

建物のメリットは以下の通り。

  • 注文住宅に比べて安い
  • 入居までが早い
  • 決定する手間が少ない

建物のデメリットは以下の通り。

  • 仕様が必要最低限
  • 注文住宅で建てるべきという概念

家を買う上で一番の問題は費用です。

簡単に費用を抑える方法は以下の通り。

建売購入に不安がある人は、5分で完了!簡単3ステップ♪後悔しない建売の正しい探し方を読んでみて下さい♪

最後までご覧いただき誠にありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました